肥満の判定(体格指数)

体格指数BMI (body mass index) は、あなたの体格を簡単かつ客観的に評価するための目安です。これを用いると、身長に対して体重が多いか少ないか判断できます。身長の割りに体重が多い場合、全身の脂肪の量も多い傾向があることが実証されています。例外としては、ボディビルダーなどの、筋肉の量が非常に多い人の場合です。彼らも身長の割りに体重が多いことになりますが、決して肥満であるわけではありません。

体格指数BMIの求め方は、以下の通りです。

体格指数MBI=体重÷(身長×身長)

ただし、体重の単位はkg、身長の単位はmです。

体格指数BMIの意味ですが、次のように解釈します。

  • 18.5未満ならば、やせ気味 (underweight)
  • 18.5以上、25.0未満なら、標準 (normal weight)
  • 25.0以上、30.0未満ならば、肥満ではないが太り気味 (overweight)
  • 30.0以上ならば、肥満 (obesity)

もしあなたの体格指数BMIが30を超えてしまった場合、さら三段階に分類されます。

  • 30.0以上、35.0未満ならば、肥満度T (class I obesity)
  • 35.0以上、40.0未満ならば、肥満度U (class II obesity)
  • 40.0以上ならば、肥満度V (class III obesity)

肥満度Vの状態を超肥満 (extreme obesity) とも呼びます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。